コーヒーメーカーもコーヒードリッパーも使ってみた私のおすすめポイント

スズメラン
あなたはコーヒーメーカー派?コーヒードリッパー派?

コーヒー豆と水を入れるだけでプロの味が楽しめるコーヒーメーカーと、自分の好きな入れ方ができてデザインがアンティーク調でおしゃれなコーヒードリッパーはどっちがいいのか悩みますよね。

私は最近までコーヒーメーカーを使っていたのですがコーヒーメーカーが壊れてしまったので、ドリッパーに買い換えたのでどちらも使ったことがあります。ずぼらで片づけが苦手な私が両方使ってどう思ったのかレビューを紹介していきます。
 

タイガーのコーヒーメーカーのレビュー

私が使っていたコーヒーメーカーはこちらの「タイガー・ACT-B040」です。ドリップコーヒー以外にドリップポッド・カフェポッドも使えるコーヒーメーカーです。下の受け皿の高さを微調整できるのでコーヒーカップ1杯ずつ入れることもできますし、ステンレスのコーヒーサーバーにも入れられます。

クリーニングも水を入れてボタンを入れるだけでとっても楽ですよ。カラーはレッドとローストブラウンの2色で落ち着いた色合いです。

コーヒーを入れてボタンを押すだけで簡単にドリップコーヒーが飲めるので毎日コーヒーを飲む方にはおすすめです。水タンクは外せるようになっていてフィルターはペーパーフィルターを使用するので洗いやすく手入れも楽です。タイガーのパーツショップではこのコーヒーメーカーの部品やパーツが販売されているので、紛失した時や壊れた時に便利ですよね。

 

カリタのコーヒードリッパーのレビュー

この「タイガー・ACT-B040」が動かなくなってしまったので、コーヒードリッパーに買い換えました。

コーヒードリッパーのメーカーは「カリタ・メリタ・ハリオ・コーノ」の4つが有名ですが、私はカリタで揃えました。カリタを選んだ理由がお店にあった中で一番デザインがおしゃれだったからです。
メーカーによって淹れたコーヒーの味が微妙に変わってくるのでコーヒー通な方はメーカー選びにもこだわりがありますが、「よくわからない」という方は見た目の好みで選んじゃいましょう!

やっぱりドリッパーのいいところは見た目ですよね。キッチンに置いてあるだけでかっこよくみえます
淹れている時はコーヒーメーカーと違って豆の様子が見えるので、コーヒー粉が膨らんでいくのを見た時は感動しました。

 

結局コーヒーメーカー・ドリッパーどちらがいい?

コーヒーメーカーを数年使ってドリッパーも数か月使ったので、この2つをいろんな角度から比較してみます。
どっちにしようか悩んでいる方は参考にしてくださいね。
 

コーヒーの味の違い

一番気になるのがコーヒーの味ですよね。
タイガー・ACT-B040」のコーヒーメーカーはコーヒー粉にスチームをかけて蒸らしてくれるので、初心者が難しい蒸らし作業を代わりにしてくれます。ドリップボタンは「マイルド」と「ストロング」の2種類あるので淹れ方を変えられます。でもあんまり違いが分からなかったです。

カリタ0」のコーヒードリッパーは最初のうちは淹れ方がよくわかっていなくて「えぐみ」が出てしまったり濃さの調整ができなかったりしましたが、今は蒸らし方やアクを落とさない淹れ方が分かるようになったので美味しいコーヒーが楽しめます。

もちろんコーヒーメーカーによっても違ってきますが、私はコーヒーメーカーよりもドリッパーの方が美味しく感じました。そこまで大きくコーヒーの味に差が出るわけではないので安心してください。
ドリッパーの淹れ方が分からないという方でも数回淹れるだけでコツがわかってくるので挑戦してみてください。

 

淹れる手間の違い

淹れる手間で考えれば圧倒的にコーヒーメーカーの方が楽です。
コーヒーメーカーでコーヒーを淹れる時はタンクに水を入れてフィルターをセットした中にコーヒー粉を入れてスイッチを押すだけです。ミル付きのコーヒーメーカーやすでに粉になっている物を買うと飲みたいときにすぐ淹れられますね。

コーヒードリッパーでコーヒーを淹れる時はお湯を沸かしてフィルターをセットした中にコーヒー粉を入れて、コーヒー粉を蒸らした後にアクを落とさないようにお湯を入れていきます。ゆっくりしている時は淹れている時間が楽しいですが、朝は忙しくて大変な方には合わないかもしれないですね。

私はドリッパーコーヒーを飲むときは休日なのでドリッパーでもいいですが、毎朝飲む場合はコーヒーメーカーを選びますね。やっぱりコーヒーメーカーの1番いいところは手間がかからないところですよね。

 

収納スペースの違い

どのくらい収納スペースをとるのかは選ぶときの重要なポイントですよね。
私はコーヒーセットは飲むときに出して使わない時は収納していました。「タイガー・ACT-B040」のコーヒーメーカーは幅18.1㎝でそんなに大きくないのですが、高さが30㎝以上あるので収納する場所が限られてしまいます。

コーヒードリッパーはいろんなアイテムが必要ですがひとつひとつが小さいので、トレーにまとめて置いて高さのない収納場所に置いています。

私としてはコーヒードリッパーの方が収納しやすかったです。私のように30㎝以上あるものでも収納できる場所があまりない場合はドリッパーの方が収納しやすいですね。

 

コーヒーメーカーとドリッパーは使う頻度で選ぼう

コーヒーメーカーは毎日コーヒーを飲んでいるけれどゆっくり淹れる時間が取れない方に、コーヒードリッパーはコーヒーを淹れる様子が見れて自分の好みで淹れられる方がいい方におすすめですね。
私のように見た目がおしゃれな方がいい!という方もドリッパーの方が喫茶店やカフェ風インテリアになるのでおすすめですよ。素敵なコーヒー生活を楽しんでみましょう。