【比較レビュー】スチームアイロンと衣類スチーマーどっちを選ぶ?選び方や使い分け

スズメラン
スチームアイロンと衣類スチーマーどちらを選べばいいんだろう

プレスと熱でしわを伸ばすスチームアイロンと、高温のスチームでしわを伸ばす衣類スチーマーでは使い方もしわの伸ばし方も違うことはわかるのですが実際どちらがいいのかわかりにくいですよね。

私はずっとスチームアイロンを使っていたのですが、衣類スチーマーに買い換えました。
今回はどちらも使ってみた感想や向いているタイプなどを紹介していきます。

 

スチームアイロンと衣類スチーマーの特徴を比較

スチームアイロンと衣類スチーマーの特徴を知っておくことで、自分がどちらを選ぶべきなのかを知ることができます。
どちらのメリット、デメリットもみていきましょう。

スチームアイロンの特徴


スチームアイロンとはアイロン本体に水タンクがついており、スチームを出しながらアイロンがけができるタイプのアイロンです。

衣類スチーマーとスチームアイロンはよく間違えられますが、スチームアイロンはアイロン台などに置いてプレスして使うのでハンガーにかけてしわ伸ばしできないタイプがほとんどです。

しかしスチームアイロンでもハンガーにかけたまましわ伸ばしできる「ハンガーショット」機能がついているものもあるのでややこしいですよね。
ハンガーショットとは一瞬強いスチームが出てハンガーにかかった服のしわ伸ばしができる機能なので、何枚もハンガーアイロンをしたい場合は衣類スチーマーの方が向いています。

スチームアイロンのメリット

力が要らない
大量の洗濯もの向け
ワイシャツがパリッときれいに伸びる    

スチームアイロンは本体の重みでしわを伸ばせるので力を入れることなくアイロンがけができます。またアイロン台に置いたままかけられるのでアイロン本体が重くても負担がかかりにくいです。

スチームアイロンでワイシャツのアイロンがけをすると、衣類スチーマーよりも仕上がりがパリッとできます。毎日ワイシャツのアイロンがけをする方や仕上がり重視の方にはスチームアイロンがおすすめですね。

スチームアイロンのデメリット

アイロン台が必要   
素材によって温度の調整や当て布が必要    

スチームアイロンは必ずアイロン台が必要なので一人暮らしなど部屋のスペースが限られているとかなり邪魔になります。

またアイロンがけになれていない人だと素材によって温度調整をしたり当て布をしたり、ボタンや装飾を避けてアイロンがけをするのが難しく慣れが必要です。

スチームアイロンのデメリットを解決してくれるアイテム

衣類スチーマーの特徴


衣類スチーマーとはアイロン本体に水タンクがついているタイプや付属の水タンクがあるタイプがあり、アイロン本体を当てるのではなくスチームの熱でしわを伸ばすアイロンです。

ハンガーにかけたままアイロンがけをするので衣類スチーマーのほかに「ハンガーアイロン」とも言われます。ハンガーアイロンは衣類スチーマーだけでなく、ヘアアイロンのように服を挟んで伸ばすタイプなど様々なアイロンがあります。

衣類スチーマーのメリット

出かける前にさっとアイロンかけできる
アイロンかけがやりにくい素材に使える
スチームアイロンとしても使える
装飾のついた服やカバーにも使える       

衣類スチーマーはハンガーにかけたまましわが伸ばせるのが1番の特徴ですね。

衣類スチーマーだと直接アイロン面を当てないので、アイロンが使いにくいポリエステルやウールなどの素材にも使えますしボタンや装飾がついている服でも直接当てないので簡単にしわ伸ばしが可能です。

服以外にもカーテンやクッションカバーなど装飾がたくさんついてアイロンしにくいアイテムにも向いています。アイロンがけが苦手な方や複雑な形の服をアイロンがけしたい方には衣類スチーマーがおすすめです。

衣類スチーマーのデメリット

2つ以上アイロンかけすると腕がつかれる
ハンガープレスでは伸ばせるしわに限界がある   

衣類スチーマーを使ってみて感じたデメリットは腕がつかれることですね。
スチームアイロンと違いアイロンがけをしている時はずっと持ち上げることになるので、ダンベル運動をしている感覚です。

衣類スチーマーでもしわは伸びて消えるのですが、ピンと張るほど伸ばすのは難しくふわっと自然にしわがなくなるくらいまでしか伸びません。
仕事用のワイシャツはピシッと伸ばしたいという方は物足りないと感じるかもしれません。

衣類スチーマーのデメリットを解決してくれるアイテム

衣類スチーマーの中にも「2wayタイプ」「特化タイプ」のタイプにわかれています。

衣類スチーマーの中でも多いのがこの2wayタイプです。
スチームでしわを伸ばす衣類スチーマーと、アイロン面を当ててしっかりとしわを伸ばすスチームアイロンの2つのはたらきをしてくれます。

特化タイプは背が高く、大型タンクが下にありスチームの威力が強いのが特徴です。
長時間衣類スチーマーを使いたい方やしわ伸ばし以外の脱臭や花粉対策も重視したい方におすすめです。

 

スチームアイロンから衣類スチーマーに替えたら

スチームアイロンから衣類スチーマーに替えてみて良かったポイントは
ハンガーにかけたままサッとアイロンかけができる
アイロンかけが下手でもきれいにしわが伸びる
いろいろな素材の衣類に使える」の3つです。

ハンガーにかけたままアイロンかけができることで、お出かけ用の服にしわがついていても衣類スチーマーなら出かける前にアイロンかけができます。

パナソニックの衣類スチーマーは約24秒の立ち上がりで待つストレスもありません。
ほかのメーカーの衣類スチーマーも立ち上がり30~45秒ほどで、タンクに水を入れるのもスチームアイロンと変わらないので準備も立ち上がりもアイロンかけも短時間でできます。

アイロンかけをするとしわを伸ばしていたのに逆にくっきりとしたしわを作ってしまったり、温度が合わずにアイロンあとを作ってしまったりとアイロンによる失敗は多いのですが、衣類スチーマーを使えばアイロンかけが苦手な人でも楽にできますよ。

プリーツスカートやフレアスカートはアイロンかけが難しく諦めていたのですが、衣類スチーマーに替えてからアイロンかけが楽しくなりました。

ポリエステルなど当て布が必要な素材や温度調整が必要な素材でも、衣類スチーマーと衣類との間隔を調整することで当て布なしでも使用できます。

面倒くさがりでアイロンかけが苦手な私でも、自然できれいにしわが伸びていくのでアイロンかけが楽しくなりました。

ボタンや装飾のついた服、学生服やジャケットやニット、形が複雑なものでも衣類スチーマーなら失敗することなくしわ伸ばしと脱臭が可能です。

衣類スチーマーだとアイロン台が要らないので、アイロンがけをする服が少なく部屋のスペースがあまりない一人暮らしの方にも衣類スチーマーがおすすめです。

私が使用している衣類スチーマーはパナソニックのNI-FS750です。
どんな角度でもアイロンがけができてプレスでの使用もできる2wayタイプです。コンパクトで見た目がおしゃれなので出したままにしていても邪魔にならないのが片づけが苦手な私にはぴったりでした。

 

タイプ別スチームアイロン3選

アイロンがけする服が多い、ワイシャツをきれいにしわ伸ばししたいなどスチームアイロンが合う方におすすめのスチームアイロンを3つ集めました。

一人暮らしにおすすめのスチームアイロン:パナソニック・カルル

パナソニックのカルルはコードレスのスチームアイロンでハンガーショット機能がついています。

アイロンの中では5000円程度で少し高めですが、立ち上がりが約50秒で滑りのいいチタンコートが使われているのでコスパのいいアイロンですよ。

ハイパワーショット機能で従来の10倍のスチームが出るようになっています。このハイパワーショットでニットなどアイロンがけのしにくい衣類にも使えてジャケットなど手入れしにくいアイテムもハンガーショットでしわ伸ばしが可能です。

オシャレ着の多い学生からスーツを着る社会人の方まで、就活などでワイシャツやスーツを着る機会が増えた方にもおすすめです。

仕上がり重視におすすめのスチームアイロン:東芝・ラクー

東芝のラクーはコードレスアイロンでしわが伸びやすい重さと、重さを感じない滑らかさが特徴です。

いくつもアイロンがけをしてると少しずつ疲れてしまうのですが、このラクーのアイロン面はボロンコートが使われています。
ボロンコートは摩擦しにくく高温になると滑りが良くなる素材で、ダイヤモンドに近い硬度で傷つきにくく長持ちします。

またアイロン面の先が尖っているので裾のボタンの間もアイロンがけができます。

スチームは全面ショットと集中ショットの2タイプがあり、ニットやスーツもハンガーショットで手入れが可能です。
学生服にスーツなどアイロンがけが大変な服に使う方、長年使い続けられるコスパのいいアイロンを探している方におすすめです。

忙しい人におすすめのスチームアイロン:アイリスオーヤマ・スチームアイロンIRN-21C

アイリスオーヤマのスチームアイロンIRN-21Cはコード付きのアイロンで最短30秒で立ち上がる忙しい人向けのアイロンです。

薄手と厚手で使い分けができる2タイプのスチーム、ドライアイロンとしても使える霧吹き機能、ハンガーにかけたまま使えるスチームショットと数々の便利機能がついています。

アイロン面は滑りやすいセラミックコーティングがされています。

低価格なので学生でも購入しやすく、朝出かける前に仕事着をアイロンがけする方におすすめです。

タイプ別衣類スチーマー選

ハンガーにかけたままアイロンがけしたい、プリーツスカートや装飾のついた服のしわ伸ばしがしたいなど衣類スチーマーが合う方におすすめの衣類スチーマーを3つ集めました。

一人暮らしにおすすめのスチームアイロン:Tenswall・ハンディスチーマー

Tenswallのハンディスチーマーはハンディクリーナーのような形をした衣類スチーマーで、高さ222㎜のコンパクトさが特徴です。

衣類スチーマーで2000円程度とかなり低価格なのが嬉しいですね。
140mlも入り連続使用時間は約7~8分なので一人分の服なら1、2回分でアイロンがけ出来ます。

一人暮らしの学生だとアイロンがけをしない方は多いのですが、バイトの服やしわになりやすい服などアイロンが必要になることがあるので1台持っておきたいときにおすすめです。

2wayタイプのスチームアイロン:日立・CSI-RX2

日立のCSI-RX2はアタッチメントの付け替えでハンガーアイロンとしてもプレスタイプのアイロンとしても使えます。

立ち上がり30秒で3段階の温度調整も可能です。
本体質量が約690gなので女性でも使いやすいですよ。

ブラシアタッチメントをつければ服にスチームをあてながら、ブラシでほこりをはらってしわ伸ばしができます。
ブラシがあることでアイロン面が服に当たらないようになり、慣れていない方でも服と衣類スチーマーの距離感がつかみやすいです。

ブラシアタッチメントを外すと従来のアイロンとして使えます。
ひし形なのでどんな方向にも動かしやすく袖や襟など細かいところにもアイロンがけがしやすくなっています。

コートやニットなどハンガーアイロンでさっとアイロンがけも、ワイシャツなどしっかりプレスしてしわ伸ばしも使い分けたい方におすすめです。

ダニ・花粉対策におすすめのスチームアイロン:ティファール・アクセススチーム

ティファールのアクセススチームはダニや菌や花粉対策ができる衣類スチーマーです。

ほかの衣類スチーマー違って持ち手が細くなっていて水タンクが下についています。
この形によりつかみやすくスチームトリガーを押しやすくなっています。

立ち上がりが45秒で水タンクは185mlと大容量です。
本体重量は900gですが水を入れるとかなり重くなるので、水の分量を減らすなどの調整が必要かもしれません。

ティファールの衣類スチーマーの1番の特徴といえばしわ伸ばし以外の機能の多さですね。
生きたダニとダニのアレル物質と、除菌・脱臭・花粉対策にも効果があります。

服だけでなくカーテンやクッションなどの布製品に使いたい方、ダニ対策や花粉対策などの機能が欲しい方におすすめです。

 

スチームアイロンと使うと便利なアイテム

アイロンマット

アイロン台を置くスペースがないという方はアイロンマットを使ってみてください。

マットタイプのアイロン台でテーブルの上に敷くだけでアイロン台として使えます。
使わない時はコンパクトに畳めるので場所をとらないのでアイロン台の置き場所に困っている方におすすめです。

アイロンカバー

当て布を逐一アイロンを当てる部分にずらしていくのが面倒くさいという方はアイロンカバーを使ってみてください。

アイロン本体にカバーをつけることで当て布のかわりとして使えます。
当て布をずらすことも、きちんとしわが伸びているか当て布をとって確認する手間もかからないので便利ですよ。

衣類スチーマーと使うと便利なアイテム

アイロンミトン

衣類スチーマーを使う方はアイロンミトンがあると便利ですよ。

衣類スチーマーは服の端を引っ張ってしわを伸ばしながら使うのですが、スチームが手にかかって熱いことや端のしわ伸ばしがしにくいことがあるのですがアイロンミトンがあれば手を守れて端まで使えます。

ハンディアイロン台

2wayタイプの衣類スチーマーを使う方はハンディアイロン台があると切り替えが楽になりますよ。

衣類スチーマーを使っていると全体はスチームでのばして、袖やしわがしっかりとついてしまっているところはプレスでのばしたいことがあります。
ハンディアイロン台があればその切り替えが楽にできます。

スチームアイロンか衣類スチーマーか使い道によって決めよう

スチームアイロンと衣類スチーマーの違いや使い方を知ることで自分はどちらのほうが合っているのかがわかりやすくなります。

おすすめのスチームアイロンと衣類スチーマーも参考にして自分に合ったアイロンを見つけてくださいね。