【レビュー】取っ手が取れるフライパン比較│ティファール・パール金属・アイリスオーヤマ

スズメラン
取っ手が取れるフライパン歴7年が紹介します!

取っ手が取れるフライパンは様々なメーカーから出ていますが、どれがいいのか悩みますよね。

私が今まで使って来た3社を比較してみました。

フライパンはガス火でほぼ毎日使用していました。口コミも見ながら自分に合った取っ手が取れるフライパンを探してみてください。

取っ手が取れるフライパンは本当に便利?

取っ手が取れるフライパンは便利だといわれていますが、本当に便利なのでしょうか?
実際に使ってみてよかった点と嫌だった点を紹介していきます。

取っ手が取れるフライパンで良かった点


①コンパクトに収納できる
フライパンと鍋の取っ手がないので重ねて収納できます。
立てかける収納でも取っ手部分がないのでキッチンの引き出し収納などに入れやすくデッドスペースができません。

フライパンと鍋は1日に何度も出し入れするので収納のしやすさは大切です。

②取っ手が引っかからない
フライパンを取り出すときや料理中に取っ手が引っ掛からないので安全です。

取り出すときに取っ手に当たってフライパンが落ちてくることや、料理中取っ手に引っ掛かりフライパンを落としてしまうことを防げます。

慣れている方は大丈夫なのですが、料理初心者・キッチンが狭い・子供がいて料理に集中できないといった方は取っ手がない方が安心ですよ。

③オーブン料理ができる
フライパンで表面を焼いた後そのままオーブン調理ができます

ハンバーグやパエリアなど焼いてからオーブン調理をするレシピで皿に移す必要がありません。
出来上がったものはミトンなどを使わなくても取っ手で取り出せるので安心です。

取っ手が取れるフライパンで嫌だった点


①取っ手の内側が汚れる
取っ手のフライパンを挟む部分が汚れるのですがスポンジで洗いにくいです。

力を入れてゴシゴシ擦れないのでソースがついてこびりついてしまった場合は落とすのが難しいです。

②店での単品売りが少ない
取っ手が取れるフライパンはセット商品が多くお店で単品売りされていないことがあります。

セット商品のフライパンだけが使えなくなることや、取っ手だけが壊れてしまうことは多いです。
この時にフライパン単品や取っ手単品で購入したいのにお店で買えないと、すぐに欲しいのに使えない場合があります。

通販では単品で購入できるのでセットを買いなおす必要はありませんが少し不便です。

③取っ手が壊れやすい
何度も取っ手を着け外しするので取っ手が壊れやすいです。

すぐに壊れてしまうことはありませんが、普通に使っていても1年で壊れてしまうこともあるので出費が増えてしまいます。

【性能で比較】ティファール・パール金属・アイリスオーヤマ

ティファール(インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス)

対応熱源:ガス火、電気プレートコイル、セラミックヒーター、ハロゲンヒーター、IH(100V-200V)
オーブン:OK

ティファールのフライパンと鍋はほとんどの熱源で使えます。
一人暮らし用マンションに多いセラミックヒーターやハロゲンヒーターにも使えるので一人暮らしを始める方にもおすすめです。

耐久力のあるコーティングで金属ヘラが使えます。

ガラス蓋はつまみを倒せる「バタフライタイプ」で平らにでき、
セットについている保存用の蓋シールリッドを使うと重ねて保存ができます。

パール金属(ルクスパン HB-3497)

対応熱源:ガス火、ラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、エンクロヒーター、IH(100V-200V)
オーブン:OK

パール金属のフライパンと鍋もほとんどの熱源で使えます。
引っ越しをする時にどんな熱源にするのか決まっていないという方でも安心して選べますね。

キズに強く金属ヘラが使えます。

取っ手が取れるフライパンはいろいろなセットがあるのですが、パール金属は深型フライパンのセットがあります。

アイリスオーヤマ(ダイヤモンドコートパン H-IS-SE13P)

対応熱源:ガス火、ラジエントヒーター、電気ヒーター、IH(100V-200V)
オーブン:OK

蓋が普通のつまみのついた蓋と、つまみのない保存用PEシールふたがあります。
玉子焼き器がついたセットもあり一人暮らしにも、ファミリー用にもおすすめです。

【取っ手で比較】ティファール・パール金属・アイリスオーヤマ

ティファール専用取っ手

サイズ:18.5㎝
重量:190g
操作:本体に着けるボタンが取っ手の裏側に、外すボタンが取っ手の両端にある。

評価:★★★★★

ティファールの取っ手は片手で着脱ができます。
着けるボタンは取っ手をグッとにぎると押せるので力がいれやすく、外すボタンは力を入れなくても押せるので取り外すときにフライパンがぐらつくことはありません。

ティファールでは5kgの重りをのせて取っ手の上げ下げを繰り返す取っ手の強度テストが行われています。

3年ほどティファールの取っ手を使い続けていますが現役で、耐久力も操作性も大満足です。

パール金属 ルクスパン専用取っ手

サイズ:17㎝
重量:168g
操作:取っ手から出ているレバーを押し込んで本体に着け、取っ手の右端にあるボタンで外す。

評価:★★★☆☆

パール金属の取っ手はホールド力が強いです。
取っ手がしっかりと固定されていないと外れてしまうのではないかと不安になるのでホールド力は重要です。

本体に着ける時は大きなレバーを押し込むので簡単ですが、外す時はグッと力をいれてボタンを押さないと外れないので安全性は高いですがコツがいります。

頻繁に着脱しない方におすすめです。

アイリスオーヤマ マルチハンドル

サイズ:18.7㎝
重量:200g
操作:取っ手のレバーを「しめる」まで回して本体に着け、外す時はレバーを「PUSH」まで回しボタンを押す。

評価:★★★☆☆

アイリスオーヤマの取っ手は安心して使えます。
ティファールとパール金属は取り外しボタンが常に押せる状態になっているのですが、アイリスオーヤマは着けている状態ではボタンが押せないので根本を持ってもボタンを押してしまうことがありません。

最初は問題なく使えていたのですが、何度も使っているとレバーが「しめる」まで回すのに固くなり両手で力を入れないと着けられなくなりました。
使えるけれど壊れそうで着脱しにくくなったのが難点です。

【フライパンで比較】ティファール・パール金属・アイリスオーヤマ

ティファールのフライパン

5層の「チタン・プレミア」コーティング
サイズ:22㎝・26㎝・28㎝・炒め鍋26㎝
重量:22㎝/710g

評価:★★★★★

チタンは耐久性が高く、5層コーティングでより長持ちするフライパンです。

ミルクを焦がす・パンケーキを何枚も焼くこびりつきにくさのテスト、金属ヘラを使った傷つきにくさのテスト、パッドでこする摩擦に対する強度のテスト、高温から冷水につける熱変形に対する強度のテストが行われています。

今まで使ったフライパンの中で1番こびりつきにくく、傷つきにくいと感じました。
高温から冷水で流してもいいので料理を皿に移したらすぐに洗い流せます。

他のフライパンと比べると重量が重いので置くと安定しますが、ずっと持ち上げるのが辛い重さです。

パール金属のフライパン

3層のダイヤモンドコート
サイズ:20㎝・26㎝・炒め鍋20㎝・深型24㎝・深型26㎝
重量:20㎝/372g

評価:★★★★☆

ダイヤモンドコートは耐久性が高く協力で金属ヘラも使えるキズに強いフライパンです。

フライパンのサイズが20㎝と26㎝で少ないですが、炒め鍋と深型フライパンの種類が豊富です。
20㎝で372gと軽くフライパンをふるいやすく女性でも使いやすいです。
ティファールのフライパンは皿に移すのも重さを感じていたのですが、パール金属のフライパンは楽にできます。

フライパン単品だけでなく取っ手とセット販売もあるのでフライパン1つだけで使いたい方におすすめです。

アイリスオーヤマのフライパン

ダイヤモンドコート
サイズ:20㎝・26㎝・28㎝・炒め鍋26㎝・炒め鍋28㎝
重量:20㎝/417g

評価:★★☆☆☆

耐摩耗性試験50万回クリアしたダイヤモンドコートの耐摩耗性が高いフライパンです。

耐久性は優れていますが、フライパンの「ダイヤモンドコーティング」の文字とイラスト部分にこびりつきやすく感じます。
重量はティファールよりも軽くパール金属よりも重いので、安定感も持ちあげやすさもあります。

【金額で比較】ティファール・パール金属・アイリスオーヤマ

ティファール セット・単体

6点セット:およそ12,000円
フライパン単体(26cm):およそ3,000円
取っ手単体:およそ2,000円

評価:★★★☆☆

ティファールの取っ手が取れるフライパン唯一の弱点と言えるのは金額です。
性能にあった金額ですが、フライパンは消耗品なので買い換えに躊躇ってしまう金額は難点です。

パール金属 セット・単体

5点セット:およそ5,000円
フライパン単体(26cm):およそ1,500円
取っ手単体:およそ1,000円

評価:★★★★★

セットも単体も低価で、出費を抑えたい一人暮らしにも使う頻度の多いファミリーにもおすすめの価格です。

3層のダイヤモンドコートで性能がよくコスパのいいフライパンです。

アイリスオーヤマ セット・単体

6点セット:およそ5,000円
フライパン単体(26cm):およそ2,000円
取っ手単体:およそ1,000円

評価:★★★★★

フライパンセットと単体はパール金属と同じ価格帯ですが、10点以上のセットもあり12点セットでも1万円程度で購入できます。

アイリスオーヤマのフライパンセットは可愛いデザインがあるので、デザインで選びたいという方にもアイリスオーヤマがおすすめです。

便利な取っ手が取れるフライパン

1度取っ手が取れるフライパンを使うと、取っ手付きのフライパンに戻れないというほど便利さを感じています。

性能で選ぶならティファールコスパで選ぶならパール金属デザインで選ぶならアイリスオーヤマです。

深型フライパンVS片手鍋│一人暮らしの万能調理器具はどっち?