恋人から距離を置く心理は?恋人関係を続ける秘訣

スズメラン
恋人から距離を置こうといわれたら辛いですよね。

距離を置く選択はカップルによってはいい結果になることもあります。

恋人の距離を置きたい心理を理解してこれからどうすればいいのか考えてみましょう。

恋人と距離を置くという意味は?

恋人と距離を置くという意味は複数あります。

恋人と距離を置く = 別れたい
           連絡を絶ちたい
           連絡の頻度を減らしたい
           会いたくない
           会う回数を減らしたい

恋人と距離を置くことは別れることと同じ考えの方は多く、別れたいけれど別れ話で辛い思いをしたくないから距離を置いて自然消滅にしたい人がいます。

連絡や会う回数を減らして冷却期間をつくりたいから、恋人と距離を置くという人もいます。

距離を置く意味は大きく分けて別れるか冷却期間かの2タイプです。

恋人と距離を置きたい人の心理


なぜ恋人が距離を置きたいのかわからないと不安な気持ちになりますよね。
距離を置きたいという心理に気づいてあげることで別れを防げるかもしれません。

心理①本当に好きなのか気持ちを確かめたい

距離を置くことで自分が本当に恋人のことを好きなのか確かめたいという心理です。

交際期間が長くなると付き合い始めよりも恋心が薄れてしまうことがあるので、本当に恋人が好きなのかという悩みを持っている方は少なくありません。

今自分が恋人と付き合っているのは惰性からなのか、好きと言っているけれど本当なのか不安になり距離を置くことで気持ちの変化がないか確かめるために距離を置きたい可能性があります。

心理②相手が自分を好きなのか確かめたい

距離を置くことで恋人が本当に自分のことを好きなのか確かめたいという心理です。

好きや愛してるといってくれない、都合のいいように使われている気がする、以前より態度が冷たいなど愛されているか不安になっているかもしれません。

与えるだけでなく与えられたいという願望から距離を置いて相手の反応を見ている可能性があります。
また本当に好きではなくなったのだとしたら別れて欲しい、でも自分は好きだから別れたくないという矛盾した気持ちから距離を置くという決断をしているのかもしれません。

心理③優先順位が変わった

恋人と距離を置いて仕事や勉学を優先したいという心理です。

仕事や勉学が忙しくなると恋人にあてる時間が少なくなります。
なのに恋人が以前と同じように時間を作って欲しいと要求していた場合、恋人をストレスに感じて逃げたいから距離を置きたいという可能性があります。

要求をしていない場合でも恋人を放置している罪悪感が距離を置く理由の場合もあります。

心理④気まずいことがある

好きな人ができてしまった、借金ができてしまったなどの隠し事があり気まずくて会いたくないという心理です。

恋人と好きな人どちらを選ぶか揺れ動いている場合や借金ができて、恋人に対して後ろめたい気持ちがあるので距離を置くことで顔を合わせるのを回避している可能性があります。

この場合は理由を聞いても答えてくれなかったり支離滅裂なことを言ったりと不審に思うでしょう。

心理⑤依存から抜け出したい

距離を置くことで恋人に依存しているまたは依存されている状況から抜け出したいという心理です。

恋人に依存している自分が嫌になり、距離を置くことで恋人の負担を減らし自分自身を変えようとする考えです。

また恋人相手に依存されていて恋人を負担に感じ、距離を置くことで自分以外にも目を向けて欲しいというメッセージの場合があります。

心理⑥ケンカの冷却期間が欲しい

恋人とケンカしたときに冷却期間が欲しいという心理です。

ケンカをすると頭に血が上り話し合いができないから距離を置きたいという人がいます。
この場合は仲直りするための冷却期間なので別れてしまう可能性は低いですが、ケンカが増えてしまったから会いたくないという理由の場合は話し合いや原因を解決しないと別れてしまう可能性が高いです。

恋人と仲良く付き合っていくためには上手な仲直りの仕方を覚えましょう。

200人の男女に聞いたの仲直りのコツ!ケンカで絶対にしてはいけないことは?

心理⑦別れたい

恋人と別れたいから距離を置くことで自然消滅したいという心理です。

他に好きな人ができたなど恋人に言いにくい理由で別れた場合、距離を置くことでメッセージを絶ち自然消滅する人がいます。

また「距離を置く=別れる」という価値観の人もいるので、別れ話として距離を置きたいといっている場合もあります。

距離を置いても恋人関係を続ける秘訣


距離を置くことを選択しても恋人関係を続けたい、また会いたいという方は次の方法を試してみてください。

恋人関係を続ける秘訣は約束をすることです。
できれば口約束ではなくLINEなどメッセージに文字で残しておくことが大切です。

期限を設ける

距離を置いているカップルで1番多い悩みが「いつ連絡したらいいのか」です。
距離を置くことを決めたから連絡してはいけないと思い、どちらも連絡を待っていることがあります。

自然消滅や連絡を送りにくくなるのを防ぐために期限を設けることが大切です。

1ヶ月・2か月と曖昧な期限ではなく「何月何日にファミレスで話し合いをする」というように具体的に決めておくと距離を置いた後の話し合いがスムーズにできます。

すでに冷却期間で連絡を取りにくいという方も「何月何日に話がしたい」と提案をしてみてください。

どちらから連絡をするのか決める

連絡をするべきなのかしない方がいいのか悩まないように、はじめにどちらから連絡をするのか決めておきましょう。

例えば恋人から距離を置きたいと言われた場合
「相手から連絡してほしい。それまでこちらから連絡はしない」など冷却期間を相手に任せてしまうやり方があります。

メッセージは頻繁に送る

距離を置くことで1番怖いのは自然消滅してしまうことです。
期限を決める約束ができない場合は、メッセージを送ってもいい約束をしましょう。

メッセージを送る頻度は1日や2日に1回ほどにしておきましょう。
1日に何回も送ってしまうと距離を置いている意味がないと相手が怒ってしまうかもしれません。

送る内容は挨拶・現状報告がおすすめです。
挨拶だと相手も返信しやすく、現状報告は相手の状況も教えてもらいやすくなります。

距離を置くことも大切


距離を置くことは悪いことではありません。カップルによっては前よりもいい関係になることもあります。

別居したり離婚した後の方が仲良くなったという夫婦もいるように、1度離れることで見えるものもあります。

ケンカの頻度が減る

恋人同士の関係が悪いわけではなく、仕事や勉強で余裕がなくなり相手に当たってケンカをするカップルは多いです。

そのまま会ってケンカをするよりも、気持ちが落ち着くまで距離を置くことで相手を思いやる余裕もできてケンカの頻度が減ります。

恋人に支えてもらっていたことに気づける

付き合いが長くなると恋人のサポートが当たり前になり、感謝を口にしない人が多いです。

1度離れてサポートがなくなることで、恋人に支えられていたことに気づきます。
また元の仲に戻った時に当たり前だと思っていたことに感謝を伝えることで仲が深まります。

恋人との適切な距離が分かる

ずっと恋人と居たいという人もいれば、自分の時間が欲しいから恋人とはたまに会うくらいでいいという人もいます。

恋人と一緒に居ると疲れるという方は1度離れてみて、2人の適切な距離を探っていくと無理のない落ち着けるカップルになります。

別れ話と自然消滅を回避しよう

距離を置きたいと考えるのはこのままでは別れてしまうから、別れたいという気持ちが強くなってきたからなど崖っぷちの状況がほとんどです。

恋人が何を考えているのか自分に悪いところは無かったのか考えて、別れ話と自然消滅を回避しましょう。