『聞き分けのいい女』から脱却しよう!女性100人に聞いた失敗談や成功談

スズメラン
聞き分けのいい女ってどんな人?

恋人や結婚相手のいいように振る舞う「聞き分けのいい女」は、恋愛においてダメだといわれることが多いですよね。
しかし男性からすると自分が動きやすいようにしてくれてサポートしてくれる女性は、The大和なでしこの性格で嬉しいはずですよね?

ではなぜいろいろな雑誌や恋愛コラムで「聞き分けのいい女」がダメだといわれるのか、100人に聞いたアンケートと私の実体験を参考に紹介していきます!

自分が聞き分けのいい女だと思う人や、恋愛がうまくいかない方におすすめの記事です。

聞き分けのいい女はどのくらいいる?

今回女性へのアンケートで『「聞き分けのいい女」または「男性を立てる女性」だと思うか』という質問結果はこうなりました。

「はい」・・・36人
「いいえ」・・・64人

(10代から60代の女性100人)

自己評価で3割の女性が「聞き分けのいい女」または「男性を立てる女性」だと思っているのは驚きでした。
自分が聞き分けのいい女だと思っている女性は多いのですね。

年代別での違いはほとんどありませんでした。
いつの時代でも「女性は男性を立てないといけない」という考えが変わらずあるのかもしれないですね。

聞き分けのいい女の失敗談


聞き分けのいい女でいたためにあった失敗談を8つ紹介していきます。

何も言わないでいると・・・

40代女性
彼の外泊や飲み歩きを黙認していたら、浮気されました。

嫌だなぁと思っていても何も言わないでいると、浮気されてしまうという悲しい結果に。

なんでも許されると思うなよ!と怒りたくなりますね。ほかにも「彼の言うとおりにしていたら、浮気された」「なんでも我慢していたら浮気された」という失敗談もあり、聞き分けのいい女は浮気されることが多くなってしまうようですね。

 

ドタキャンでも許していたら・・・

30代女性
直前の予定のドタキャンも仕事ならしょうがないね、頑張ってねとニコニコしていた結果、都合のいい女扱いになっていました。

仕事に理解のある女性って男性にとってはうれしいですよね。しかし男性が調子に乗ってしまうと女性を振り回すことになってしまうことに・・・

 

人付き合いの為にキャバクラを許していたら・・・

30代女性
本心ではキャバクラに行ってほしくないのに、男の人の付き合いを理解するという意味で『行ってもいい』と言っていたら俺のことそんなに好きでもないと捉えられてしまいました。

男性の人付き合いに理解を示していると「俺のこと好きなのかなぁ」と不安にさせてしまうこともあるんですね。
本心は違うのに、聞き分けのいい女でいるとすれ違ってしまうのは悲しいですね。

 

年下彼氏だからとわがままを聞いていたら・・・

20代女性
年下の彼氏と付き合っていた時。年下だから仕方ないなぁと度重なる遅刻も金欠でお金出さないとかも、いろんなわがままを許していけど、最終的に不満を溜め込みすぎて爆発し連絡先をブロックした。

聞き分けのいい女は「仕事だから」「年下だから」と理由をつけて本音が言えなかったり相手の言うとおりにしたりすることが多いですね。
この女性のようにわがままを聞ける許容量がオーバーしてしまうと怒り爆発する方も多いですね。

 

自分の愛情表現を我慢していると・・・

10代女性
相手がベタベタしたり、頻繁に連絡を取り合うのを嫌うタイプだったので、我慢していた。結局愛が冷めて別れた。

相手が望むような恋愛をしていると、自分の承認欲求が満たされなくて冷めてしまうこともありますよね。
どこまでわがままを言って、どこから我慢をするのかの線引きが難しいですよね。

 

本音を言わないでいると・・・

30代女性
相手の都合や意見を優先し過ぎて自分の気持ちを素直に出せず、いざ本音を話してみると「だったら早く言えよ」と逆に怒らせてしまった。

ずっと我慢をした後に本音を言うと相手を怒らせてしまう結果になることも。
相手にとっては「彼女の本音を聞きたい」「彼女の望みが知りたい」と思っているのに、彼女は何も言わないでいると不満が溜まりますよね。ほかにもこんな失敗談がありました。

 

30代女性
デートの場所や食べる場所を相手に合わせて何でもいいよと言っていたら、自分といても楽しくないと誤解され、意見を言ってくれなきゃストレス貯まると言われたことがあります。

「何でもいいよ」って便利な言葉なので私もよく言ってしまいます。でも言われると困る言葉ですよね。
それが彼にとっては「楽しくないのかな」と不安に思ってしまうことがあるようです。相手に合わせて聞き分けのいい女でいることは必ずしも相手にとって都合がいいわけではないんですね。

 

聞き分けのいい女でいると彼だけでなく・・・

30代女性
彼のわがままや要求をニコニコして受け入れる努力をしたところ、相手に母親を要求されてしまい、振り回されるだけで終わってしまいました。非常に疲れました。

聞き分けのいい女は付き合っている相手や結婚相手だけでなく、周りの人にいいように使われることも多いです。特に結婚したら相手の親に振り回されるけど、相手を立てるために強く言えないという最悪な状況になってしまいます。ほかにも姑に振り回される話がありました。

 

50代女性
結婚前は別居だと聞いていたので、踏み切ったのだが、途中で同居ということになり、嫌だとは思ったが、「嫁」ということで同居に応じたが、やはり嫁姑との確執がひどくなり、別居に至りました。

聞き分けのいい女でいると約束したことでも「許してくれるだろう」とわがままを言われてしまうことも。

 

彼の言うことを聞いていたら・・・

30代女性
彼が「ダメ」だという事は絶対辞め彼本位で行動していたため、例えば友達との約束や友達と一緒にいる時でも彼に呼ばれるとドタキャンしたり途中で帰ったりしていたので友達をなくしました。

彼のことが第一!で行動していると、周りが振り回されることになり人が離れていくこともあります。恋は盲目といいますが、気が付いたら取り返しがつかないことになるのは怖いですね。

 

悪いだけではない!聞き分けのいい女の成功談


聞き分けのいい女の失敗談を読むと「やっぱり聞き分けのいい女ではうまくいかないんだなぁ」と思いますよね。でも聞き分けのいい女だったからこその成功談もあります!

しかし中には
「聞き分け良くしていても良いことはないと思う。」「恋愛関係が成立しなくなった」という意見もあるので、必ずしも聞き分けのいい女でいるといいことがあるわけではないのが難しいところですね。

相手に感謝される

30代女性
会社の後輩との飲み会を気持ちよく送り出してあげたことで、楽しんで後輩と飲むことができたみたいで、感謝されました。
20代女性
前々から決まっていたデートが彼の仕事で急遽キャンセルになってしまったが、騒がず受け入れたところ「気持ちよく送り出してくれてありがとう」ととても喜んでくれ、帰りにケーキを買ってきてプレゼントしてくれた。

この方々のように許してあげたことで感謝されることは多いようですね。これは互いに尊重しあっているからこそ築ける関係ですね。

 

30代女性
体調が悪かった際に、相手も体調が悪い中疲れて帰ってきて、ご飯を作ってほしいと言われたので頑張って作ったところ、感謝されてそれ以来、私が体調が悪い時は食事を率先して準備してくれたりフェアな関係が築けるようになりました。

自分よりも相手を思って行動するのは聞き分けのいい女あるあるなのですが、それを当たり前と思わずに感謝してくれる人は素敵ですね。支えあえるのがいい関係ですよね。

 

ケンカがほとんどない

30代女性
ケンカが少なく、割と長続きします。
この方のようにケンカがないのがいいという人は多かったです。

30代女性
基本的に相手の気持ちを尊重し、嫌と言われることはしない主義なので、喧嘩になることはほとんどありませんし、こちらの意見を押し付けないので信頼してよく話をしてくれます。
30代女性
なんでも相手に合わせるようにし、文句を言うことも少ないので、大きな喧嘩をしたことがありません。また、相手の方も私に合わせようとしてくれているので、お互いに尊重しあえる良い関係が継続できています。

「ケンカするほど仲がいい」といいますが、互いに尊重しあえていればケンカがない方がいいですよね。

 

自分にも優しくしてくれる

50代女性
常に優しいですし。私が怒ったら、素直に謝ってくれることです。

聞き分けのいい女は怒らない印象があるので、怒らせてしまったときは相手に「大変なことをしてしまった」と思わせることができますよね。
聞き分けのいい女で相手といい関係を築くためには、上手な怒り方も必要なのかもしれないですね。

 

恋愛が成就しやすい

50代女性
恋愛中は、ほぼ相手の意見を優先していたため、相手に気に入られるのに時間がかからなかったです。結婚もすんなりOKしてくれました。

聞き分けのいい女は恋愛相手だけでなく、結婚相手としても男性にとってはいい女性ですよね。聞き分けのいい女を上手に使うことで相手の気をひくこともできますね。

 

居心地のいい相手になれる

40代女性
困ったことがあると必ず頼りにされました。結婚してからは、家が居心地が良いと言われています。

相手の言うことを聞いているだけでなく、サポートしていると頼りになる人になります。
「頼られたい」「相手の為に自分を犠牲にしてもいい」という人なら、聞き分けのいい女は自分にあった生き方なのかもしれないですね。

 


同性から聞き分けのいい女はどう見える?


聞き分けのいい女は恋愛相手や結婚相手、仕事仲間からすると「頼りになるいい人」になりますが、同性からはどう見えるのでしょうか?
自分が思う聞き分けのいい女のイメージや、自分の周りの聞き分けのいい女を見て思うことを答えてもらいました。

同性から見る悪いイメージ

聞き分けのいい女に対して悪い印象がある意見は

  • 自分の意見がないように思える
  • 無理をしていそう
  • 都合のいいように利用されそう
  • 男性になめられる
  • ストレスが溜まっていつか爆発しそう

このような意見がありました。

「嫌な女」というよりも「大変そう」「辛そう」などの意見が多かったですね。聞き分けのいい女になって人に気に入られようとしている人は、嫌われることは少ないようですね。
しかし中には実体験として「疲れたと常に言っている」という話もあり、聞き分けのいい女でいることを選んでいるのに愚痴をこぼしている女性に対してはマイナスイメージを持たれやすいです。

同性から見る良いイメージ

聞き分けのいい女に対して良い印象がある意見は

  • 忍耐力がある
  • 男性にモテる
  • 男性をコントロールしている

このような意見がありました。

意外といい印象を持っている女性が多いんだなぁと驚きました。
良いイメージのある聞き分けのいい女の特徴として、周りに振り回されるのではなく自分の考えがあって周りをコントロールできるような女性だという印象がありました。

また中には「聞き分けのいい女」には『自分の強い意思がなく、男性にリードをしてほしい女性』と『実は自分の意見をきちんと持っているが、男性を立たせるためにあえて表面上に出さない女性』の2つのタイプがいるという意見もありました。

「なるほど!」と思いました。聞き分けのいい女でも失敗している人と成功している人がいますが、私は「相手が他人を尊重しない人で調子に乗らせてしまうから失敗する」のだと思っていましたが、「自分の意思を持っているのかどうか」も重要なポイントに思いますね。

 

聞き分けのいい女を脱却する方法4選

100人にアンケートをしてみると、やっぱり聞き分けのいい女でいたために恋愛がうまくいかないことが多いことがわかります。
聞き分けのいい女も使いようですが、相手の言うことを聞いてしまい恋愛がうまくいかないという方は脱却方法を試してみてください。

付き合い始めからわがままを言う

女性が1番聞き分けのいい女になる時が、付き合い始めです。付き合い始めは自分をいいように面倒くさい女ではないところを見せようと、わがままが言えなかったり嫌なことでも許してしまったりしますよね。

スズメラン
私もそうでした。
わがままを言って「嫌な女」「面倒くさい女」というレッテルを貼られたくないと頑張っていました。
私の場合は彼が「わがままを言って」と言ってくれていたこともあり、だんだんとわがままを言って嫌なことは伝えて話し合えるようになれたので今思うとそのまま聞き分けのいい女でいなくてよかったなと思いますね。

私のようにだんだんと聞き分けのいい女から変化していった女性は多いと思うのですが、だんだん相手が調子に乗ったり聞いてくれるのが当たり前だと思うようになりズルズルと聞き分けのいい女で居続けてしまうことが多いです。

そうならないためにも「付き合い始めからわがままを言う」ことが大切です!

わがままと言っても「ブランドバッグ買ってほしい♡」などのわがままではなく、「デートの時間を作ってほしい」や「毎日お休みのメッセージを送ってほしい」などの可愛いわがままですね。
恋人が聞いてあげやすいわがままを言うことで、自分の意見を言いやすくなり対等な関係が築きやすくなります。

それに相手にとっても頼りにされることで喜びを感じ、男性としての自尊心をくすぐることになります。この方法は付き合ってからだけでなく、付き合う前の好きな人へのアピールにも使えますよ!

 

自分が怒るラインを作る

聞き分けのいい女はついつい許してしまうことがあります。例えばデートの日の朝に「仕事が入ったからデート行けない」とメッセージが来ても、仕事だから仕方ないかと「全然いいよ。仕事頑張ってね」と送るタイプが聞き分けのいい女に多いです。聞き分けのいい女タイプではない人は「仕事終わりにデートできない?」や「じゃあ違う日にデートして」と自分の思いをまっすぐに伝えます。

ついつい許してしまう聞き分けのいい女にならないためにも、「自分が怒るラインを作る」ことが大切です。

この場合は「前日までに行けないことを教えてくれたら許す」「違う日に時間を作ってくれたら許す」などどこまで許して、どこから怒るのかを決めておくことでなんでも許してしまうことがなくなります。

許すラインはきっちり決める必要はありませんが、重要なのは決めたラインを変えないことです。前までデートが仕事で行けなくなることは許してくれていたのに同じ条件でも許してくれないとなると、相手はデートに行けないことに怒っているのではなく気分で起こっているのだと思われてしまいますよ。

 

真剣に話し合う

聞き分けのいい女はついつい許してしまう為に、相手はあいつなら何でも許してくれるだろうという考えになりがちです。
そうなるとどんなに「嫌だ」ということを伝えても、どうせ折れてくれるだろうと聞く耳を持たなくなります。ここまでいくと女性側ももう私が折れればいいかと諦めてしまうことが多いです。

こうなってしまったら「真剣に話し合う」ことが大切です。

「でも相手が話し合いに応じてくれないじゃないか。」と思いますよね。真剣に話し合う時には自分が本気で悩んでいることを分からせること、相手も真剣に話し合いに応じてもらうことの2つが重要です。
この2つを解決するために周りを巻き込むといいですよ。

相手に自分がどれだけ悩んでいるのかわかってもらうために周りの人に相談して、その人からも言ってもらうようにして話し合いもその人に同席してもらいましょう。

客観的に意見を言える人が居ればヒートアップすることも少なく、冷静な話し合いがしやすくなります。この時に自分からこれからは聞き分けのいい女はやめて、自分の好きなようにする宣言するとなおいいですね。

 

自分を第一に考える

聞き分けのいい女は周りに気を使って自分を犠牲にしてしまう傾向があります。例えばクリスマスに自分はプレゼントを用意しているのに恋人がプレゼントを用意していなくても許してしまう。自分は仕事ではないのに頼まれたら断れないなどがありますね。

自分を犠牲にしないためにも「自分を第一に考える」ことが大切です。

この方法は気の持ちようです。どんな時でも自分にメリットがあるのかで考えるといいですよ。
人付き合いにメリットを考えるのは冷酷なイメージがありますが、メリットに「相手が喜んでくれると自分も嬉しいか」の項目を入れるのがポイントです。
なにか頼まれたときに「自分にメリットがないし相手が喜んでも自分は嬉しくない」と考えると、断りやすくなりますよね。

 

まとめ

今回は100人の女性にアンケートをとり、聞き分けのいい女の失敗談やイメージを紹介してきました。私が1番驚いたのは聞き分けのいい女が浮気されやすいことです。聞き分けのいい女で相手の思うように動いていると、相手を疑うことができなくなるのでしょうね。人に好かれる振り回されない聞き分けのいい女になるためには相手をコントロールできる力が必要ですし、自分を押しころさないように本音を言うことは大切ですよ。