無理をしない7つの節約術!繰り返し使えるアイテムと節約グッズ

スズメラン
節約を頑張っていると疲れちゃうよね

節約をして貯金を増やしたい
浪費してしまいがちだから節約してる

などいろいろな理由で節約されている方は多いですが、我慢して好きなものを買えない節約だとストレスが溜まってしまいますよね。

今回紹介するのは無理をしない節約術です!
便利なアイテムも使って目標まで頑張りましょう。

明確な節約の目標をきめる


節約をする理由は様々ですが「明確な目標」は立てていますか?

老後のために節約をしているという目標だと、どの程度まで節約をすればいいのかわかりにくいですよね。
いつまで・どのくらい節約すればいいのかわからないとゴールの無いマラソンを走っているのと同じで、途中でやる気がなくなってしまいます。

そこで「老後のため」という理由なら
老後に使う月の生活費や旅行代などを計算して、何歳までに○○万円貯金という明確な目標を立てましょう。

ほかにも自分では目標を立てていると思っていても、わかりにくい場合があります。

旅行に行く → 沖縄旅行で○○ホテルに泊まる
結婚資金 → 結婚式、結婚指輪、新婚旅行代を計算する
家を購入する → 住みたい地域、間取り、ローン年数をきめる    

このようにふわっとした目標は金額や理想を分かりやすくしましょう。

無理は禁物!妥協点をきめる


節約方法でよく見るのは
「お金のかかるお酒や外食をやめる。」
「お菓子とジュースは買わない。」
などですよね。しかしすべてを鵜呑みにしてやめてしまうとストレスが溜まってしまいます。

ストレスが溜まると仕事が手につかない、人間関係がうまくいかない、ストレス発散で余計なものを購入してしまう、節約のやる気がなくなるなどマイナスなことが多いのでストレスが溜まらない無理をしない節約が重要です。

そこで節約で妥協できないもの妥協できるものをきめましょう。

Aさんの場合

Aさん
妥協できないもの「お酒・コスメ」
妥協できるもの「スイーツ・ジュース」

Aさんの場合は禁酒やコスメのクオリティを下げる節約をしてしまうとストレスが溜まるので、コンビニスイーツと自販機のジュースをやめる節約をしましょう。

Kさんの場合

Kさん
妥協できないもの「ネット回線・飲み会」
妥協できるもの「衣服・外食」

Kさんの場合はネット回線のクオリティを下げることや飲み会に参加しない節約をするとストレスが溜まるので、衣服は去年の物を着て自炊を増やす節約をしましょう。

AさんとKさんのように妥協できないものと妥協できるものを決めることで、ストレスの溜まらない節約のやり方がわかります。

夫婦や同棲カップルで節約する時は互いの妥協点を知ることも大切です。

また妥協できるものをやめるのではなくランクを下げるという節約方法もあります。

例えばトイレットペーパーを妥協できる場合、使える回数が多くなるシングルを購入する。
牛乳を妥協できる場合、価格の安い低脂肪乳を購入する。
などランクを下げて1つの金額が安い物を購入することで節約ができます。

節約は数円を地道に切り詰めていくので長い期間続けることが大切です。
ストレスが溜まる節約だとすぐに諦めてしまうことも多いので、無理のない節約を長期間続けていきましょう。

捕らぬ狸の皮算用をしてみる


節約をしているとほんとうに節約できているのか分からなくなり、節約に対するやる気がなくなってきてしまいます。

やる気がでない、節約できているのかわからないという人は捕らぬ狸の皮算用をしてみましょう。

捕らぬ狸の皮算用とはまだ手に入っていない利益を当てにして計画を立てるという意味です。

例えば合いびき肉100g100円でハンバーグを作る時に、豆腐を半分加えると2人分で100円ほど安く作れます。
これを月に1回のペースで行うと、およそ1,200円の節約になります。

ほかにも冷房27度から28度でおよそ820円節約
コンビニスイーツ180円月1回我慢して、1年で2160円節約
自販機ジュース120円月1回我慢して、1年で1440円節約

すべて合わせるとおよそ5,620円の節約です。
1つ1つは小さなことですが、まとめると大きな節約になっていることが実感できますね。

掃除洗剤を購入しない

掃除用の洗剤を重曹やクエン酸で代用することで節約になります。

月に1度の掃除や年末の掃除でしか使っていない洗剤はありませんか?
そういった洗剤を購入するのをやめて、重曹とクエン酸に替えることで洗剤の収納スペースも空いて無駄な買い物もなくなります。

重曹は弱アルカリ性で油汚れ、酸性の汚れに効果があります。
ガスコンロや電子レンジや換気扇の油汚れ、洗濯機の酸性の汚れを重曹で落とせます。
キッチンクリーナー500円・洗濯機クリーナー400円 → 重曹300円

クエン酸は酸性で水垢、アンモニア臭、石鹸カス汚れに効果があります。
シンクや電気ポットの水垢汚れ、トイレの壁と床のアンモニア臭をクエン酸で落とせます。
水まわりクリーナー700円・電気ケトル洗浄500円・トイレ消臭300円 → クエン酸300円
頻繁に使わない洗剤は重曹とクエン酸で代用してみてください。
またこまめに掃除をすることで故障や詰りを防げ、買い替えや掃除業者などの出費が抑えられます。

食材は冷凍庫で長期保存


節約術でよく言われるのが「冷蔵庫が空になるまで買い物に行かないこと」です。
これは食材を腐らせて無駄になることや、買い物の回数が増えることで余計なものを買ってしまうことを防ぐ節約術です。

しかし休みの日にしか買い物に行けない方や、子供がいて冷蔵庫を空にするわけにはいかない方は難しい節約ですよね。

食材を無駄にしない、買い物の回数を減らすために冷凍保存を活用しましょう。

お肉・魚・野菜・きのこなどほとんどの食材が冷凍保存できます。
冷凍することで賞味期限がお肉は3日から1ヶ月に、魚は3かから2週間など大幅に延びます。

また冷蔵庫に入れる物を減らすことで冷蔵庫内の空気循環がよくなり節電になります。
逆に冷凍庫はたくさん入れると食材同士が保冷剤の役割を持ち節電になります。

スーパーに冷凍野菜が販売されている方は冷凍野菜も活用しましょう。
野菜をカットして湯通しして冷凍する作業をカットできて、お弁当のおかず作りにも便利です。

業務スーパーの冷凍野菜が時短・節約に便利!おすすめレシピも

使い捨てアイテムをやめよう

使い捨てのアイテムをやめて繰り返し使えるアイテムに替える節約術です。
使い捨てよりも繰り返し使えるアイテムの方が高価なので買い渋ってしまいますが、年単位で考えるとかなりの節約になりますよ。

食品用ラップ → 電子レンジ用フードカバー

食品用ラップを電子レンジ用フードカバーに替えましょう。

電子レンジで温める時にラップ代わりに使うカバーです。
伸びて密着するシリコンカバーもあるのですが、シリコンだと何度も使っていると劣化して密着しなくなり、伸びきってしまうなど長期間使えない商品もあるので気をつけてください。

1人暮らしで電子レンジを使う回数が少ない方でもお得ですよ。

使い捨てカイロ → 充電式カイロ

使い捨てカイロを充電式カイロに替えましょう。

充電して何回も使えるカイロです。
電源のONとOFFができるので温まりたい時だけ使うことができます。

温度調節機能とモバイルバッテリー機能がある充電式カイロもありますよ。

よく使い捨てカイロを使う方や、モバイルバッテリーの購入を検討していた方におすすめです。

ほこり取り → 洗えるほこり取り

使い捨てのほこり取りを洗って何度も使えるほこり取りに替えましょう。

ほこり取りは持ち手の本体とほこりを取るキャッチ部分に別かれています。
使い捨てはこのキャッチ部分を新しいものに替えるのですが、繰り返し使えるほこり取りは水洗いができます。

何年も使い続けられるアイテムなので、使えば使うほど節約になります。
掃除機をかける時間の短縮にもなるので、節電もできますね。

使い捨てマスク → 洗えるマスク

使い捨てのマスクを繰り返し使えるマスクに替えましょう。

風邪や花粉症などで使うことの多いマスクは、1枚が安くても使う枚数によってかなりの出費になります。
洗えるマスクはポリウレタンやシルクなど丈夫な素材で作られています。

使い捨てマスクだと耳が痛い疲れることがありますが、洗えるマスクは耳に負担がかかりにくく肌に優しいものが多いのでマスクに対する不満も取り除いてくれますよ。

節約できる便利グッズ3選

ふりふりキッチンシャワー

蛇口に取り付けるだけで節水になるシャワーヘッドです。

ヘッドを回転させるとシャワー・ストレート・溜め水の3種類に水の出方が変化します。
食器を洗い流すときにシャワーにするとが広範囲に広がり、少ない水で洗い物ができます。

公式メーカーでは4人家族で40~50%の節水になるといわれています。
4人家族の水道代は6000円程度といわれているので、2000円~3000円ほど節約できる計算です。

ふりふりキッチンシャワー本体が2000円ほどするので節約している家庭では厳しい出費ですが、2、3か月で元が取れるので節水したい方にはぴったりなアイテムです。

固まらない保冷剤

熱帯夜に使うとクーラー要らずの節電になる保冷剤です。

寝苦しい夜はクーラーの設定温度を下げて使ってしまいますが、保冷剤で体を冷やせばクーラーの設定温度が高くても快適にすごせます。

しかし固まってしまう保冷剤だとゴツゴツとして痛く体を冷やしにくいです。
そこで冷凍庫で冷やしても固まらない保冷剤を使えば、体に当てても痛くなく首・脇・足などどの部分にも当てやすいです。

冬の間は使いませんが1年冷凍庫に置いたままにしていても凍ることはありません。
夫婦2人のクーラー適正温度が違うときの解決策にもなりますよ。

ムダなくまぶせる粉ふるい

粉をまぶす調理が簡単にでき食材の節約になる粉ふるいです。

小麦粉や片栗粉をまぶす調理法はよくありますが、ふるいにかけるのが面倒くさくてスプーンでまぶすと粉がたくさん余ってしまった経験はありませんか?

1回に10gの粉類をムダにしているとすると、10回で100g、20回で1袋分ほどムダになっています。
ムダなくまぶせる粉ふるいはスプーン型なのですくってそのまま使えます。使わなかった粉は袋に戻せばいいので捨ててしまう粉はほとんど出ません。

粉をすくってふるう作業が簡単になるので、節約と時短になるアイテムです。

家事を楽にしてくれる13のアイテム!時短・家事ラクグッズ

節約はダイエット・エコと一緒にする

「節約をしないといけない」
「頑張ってお金を貯めないといけない」
と考えると疲れてしまいますよね。

そこで節約をする時はダイエットとエコも取り入れてみてください。

「いつも買っていたコンビニスイーツを節約とダイエットの為に我慢する。」
「ほこり取りを洗えるほこり取りにすることで節約とエコになる。」
このような一石二鳥の考え方をするとモチベーションが保ちやすくなります。

節約は無理をせず長期間続けることが大切です。