【お酒漫画レビュー】カップ酒にハマる『酒と恋には酔って然るべき』とおしゃれカップ酒

出典:酒と恋には酔って然るべき(著)はるこ (原案)江口まゆみ

酒と恋には酔って然るべき

月刊エレガンスイブにて連載
 

ストーリー


主人公は32歳会社員の藤井松子さん。周りの人たちの結婚・出産ラッシュによってひとりの家飲みが好きな女性なのですが、家飲みで飲むお酒は若い人にはあまり馴染みのないカップ酒です。

グルメ漫画やお酒漫画の主人公が独身の女性なのは多いので『酒と恋には酔って然るべき』も同じような作品かなぁと思って読み始めたのですが、飲むお酒がカップ酒というだけで特別感がありますよね。また松子がカップ酒を選んだ理由がひとりで飲むのにちょうどいい量お燗がしやすいというのも、らしさが出ていますよね。

ストーリーは松子が年下男性の今泉に思わせぶりな態度をとられて振り回されるお話です。
しかしよくあるような年下男性から猛アプローチされるようなストーリーではなく、リアルな距離感と思った通りには行かない感じが新鮮です。日常パートとお酒パートが程よい割合で構成されていて、ストーリー展開も心地よく進んでいくので読みやすいですよ。

 

ひとりを楽しんでいる姿が素敵


周りの人は結婚と出産をしていて、松子はひとりで家飲みを楽しんでいると聞くと寂しく感じますが漫画では本当に日本酒が好きなことが伝わってきて、ひとり飲みを楽しんでいる姿は見ていて幸せになります

飲むお酒はカップ酒だけでなく、特別な時はボトルのお酒を飲むこともあってそういったところにもリアルさがありますよね。

松子が飲むお酒は一コマの中に丁寧に説明されています。イラストも丁寧なのでどんなお酒かわかりやすいですし、飲んでみようかなと思わせてくれます。その他にもお燗や酒の種類の説明も入っているので漫画を読んでいて「へー」と思うことが多いです。

 

女性が楽しむカップ酒

カップ酒というと「おじさん」のイメージがあったのですが、この漫画を読んでからカップ酒は「手軽に飲めてお燗にもピッタリなお酒」というイメージに変わりました。

『酒と恋には酔って然るべき』には公式Twitterがあるのですが、見ていると女性でカップ酒を楽しんでいる人が多く可愛いカップ酒も意外とたくさんあることを知ってビックリしました!
コップを用意する必要がなくて見た目がおしゃれなら女子会など大勢で飲むときにもカップ酒は便利ですよね。

『酒と恋には酔って然るべき』@saketokoi
 
『酒と恋には酔って然るべき』を無料試し読みする。

見た目がかわいい!おしゃれなカップ酒

女性受けがよさそうなかわいくておしゃれなカップ酒を紹介します。通販で購入できるものを集めたので、ぜひ試してみてください。

バンビカップ


バンビのかわいいイラストが描かれたカップ酒です。青いバンビが描かれた舟木酒造で作られたバンビカップと、もみじと赤いバンビが描かれた秋鹿酒造のカップ酒があります。並べられることが多いですが、違う酒造で作られているお酒です。

バンビカップは人気商品なので店頭に置いているとすぐになくなってしまうほどです。

 

にゃんかっぷ

猫のイラストがかわいいカップ酒ですね。志太泉酒造で作られているカップ酒で、絵本のような雰囲気の猫のイラストをテーマにしています。

お酒は山田錦100%の純米吟醸で、フルーティな味わいが特徴です。女性でも飲みやすいと人気ですよ。それでも飲めるか不安な方は梅の実が入った梅酒カップもあるので、こちらを飲んでみてください。

 

ワイン・カップ・メルロー・デ・アンジェリ

カップ酒は日本酒だけでなくワインもあります。イタリアのワインメーカー「デアンジェリ社」のカップワインです。

見た目がおしゃれでそのままディナーで飲んでも合いますよね。この容器はペットボトルタイプなので軽くアウトドアにピッタリです。キャンプやバーベキューに持っていきたくなりますね。

 
ワインカップはワインカップ・メルローのほかに「五一わいん」もあります。丘陵地帯「桔梗ヶ原」にぶどう園があり、シャルドネやメルローなど様々な品種のぶどうを育てています。

飲み終わった後はそのままグラスとして使えそうなデザインです。

 

さくらんぼの酒

朝日川酒造のカップの中にさくらんぼの実が入ったカップ酒です。
さくらんぼの甘みが飲んだ時にふわっと広がります。しかし甘すぎなくてすっきりとした味わいです。

お酒の中にさくらんぼの実が入っている特別感があって、お土産やプレゼントにもおすすめです。

 

カップ酒を飲みたくなる漫画

『酒と恋には酔って然るべき』は30歳を超えた女性がひとりで家飲みをするというありきたりなストーリーなのですが、主人公の自分の欲望に忠実な姿やカップ酒を愛している様子が面白く女性におすすめの漫画です。
カップ酒はおしゃれなデザインが多くなっているので、飲んだことが無い方はぜひチャレンジしてみてください。